top of page

啓蟄を詳しく教えて

啓蟄(けいちつ)は、二十四節気の一つで、春が深まり、地中で冬眠していた虫たちが目覚め始める時期を指します。啓蟄は、毎年3月5日頃に当たり、この時期は自然が徐々に活動を始める象徴的な節目とされています。

啓蟄の意味

啓蟄の「啓」は「開ける」、「蟄」は「虫が隠れる」という意味があります。つまり、「地中に隠れていた虫が穴を開けて出てくる」という意味合いがあり、自然界の生き物たちが冬の終わりに活動を再開する様子を表しています。

啓蟄の風習

日本では古くから、啓蟄を迎えると、冬に閉じ込めていた「鬼」を外に追い出すために、家の戸や窓を開ける風習がありました。また、この時期には土を掘り返して春の農作業を始める準備をするなど、新たな生活の始まりを告げる行事が各地で行われています。

自然界での変化

啓蟄の時期には、気温が徐々に上昇し始め、雪が溶けて川の水が増え、植物の芽吹きが始まります。また、冬眠していた昆虫や動物たちが活動を再開し、自然界には生命の息吹が満ち始めることから、春の訪れを感じさせる節気です。

啓蟄は、寒さが和らぎ、生命が再び躍動を始める春の到来を感じさせる重要な節目であり、農業社会においては農作業の始まりを告げる象徴的な時期でもありました。現代では、季節の変わり目を感じ取り、自然とのつながりを意識する機会として、啓蟄を楽しむことができます。



Comentários


bottom of page