top of page

彼岸

彼岸は、日本の仏教文化に根ざした行事で、春分の日と秋分の日を中心に、それぞれ前後3日間を含めた1週間を指します。この期間は春のお彼岸と秋のお彼岸に分かれており、それぞれ春分と秋分の日を中心としています。彼岸の期間は、自然界が春へと移り変わる「春彼岸」と、秋へと深まる「秋彼岸」に当たり、日の出と日の入りがほぼ東西に直角になる日です。

彼岸の意味

彼岸には「此岸(しがん)」と「彼岸」の二つの概念があります。「此岸」は苦しみや迷いがある現世を指し、「彼岸」は悟りの世界、つまり極楽浄土や仏の世界を意味します。彼岸の期間中には、この世の苦しみから解放され、悟りの世界に近づくことを願い、仏教行事が行われます。

彼岸の行事

彼岸の期間中には、特に以下のような行事が行われます。

  • お墓参り: 故人の霊を慰め、先祖の墓を訪れて掃除を行い、花や食べ物を供えます。

  • 彼岸会(ひがんえ): お寺で行われる法要で、先祖供養のために読経やお経が唱えられます。

  • お彼岸の料理: 季節の食材を使った料理や、おはぎ(春彼岸)やぼたもち(秋彼岸)など、特別な食べ物を作って供えたり、家族で食べたりします。

彼岸の意義

彼岸は、単に先祖を供養するだけでなく、自身の生き方を見つめ直し、精神的な浄化や家族の絆を深める機会ともされています。自然の移り変わりに合わせて行われる彼岸の行事は、日本人の生活の中で季節感を感じる大切な時期の一つです。



Comments


bottom of page