top of page

流動資産

「流動資産」とは、一般的に企業が短期間内(通常は1年以内)に現金化することが見込まれる資産のことを指します。これには現金および現金同等物、受取手形や売掛金などの売上債権、短期投資、在庫品などが含まれます。流動資産は、企業の短期的な財務健全性や流動性を示す重要な指標の一つであり、企業が短期的な債務をどれだけ迅速に返済できるかを評価するために用いられます。

具体的には以下のような項目が流動資産に含まれます:

  • 現金および現金同等物:企業の手元にある現金や、すぐに現金に換えられる短期間の投資(たとえば、3ヶ月以内に満期を迎える定期預金など)。

  • 受取手形および売掛金:商品やサービスの販売から生じる、顧客が支払うことが約束された金額。

  • 短期投資:株式や債券など、比較的短期間内に現金化することを目的とした投資。

  • 在庫品:販売用の商品や、製造過程で使用される材料など。

流動資産は、企業の財務諸表のバランスシートにおいて重要な部分を占め、企業の即時の財務状態を理解する上で欠かせない情報を提供します。流動性が高いほど、企業は短期的な金融危機に対してより強い耐性を持ち、日々の運転資金の要求にも柔軟に対応できると言えます。

宮春

You



コメント


bottom of page