top of page

18-8ステンレスとは

18-8ステンレス鋼は、その名が示す通り、18%のクロムと8%のニッケルを含む特別な合金です。この組成比により、類稀なる耐食性と加工性、そして魅力的な光沢を兼ね備えています。オーステナイト系に分類されるこのステンレス鋼は、室温で安定し、非磁性であるため、キッチン用具から医療器具、建築材料に至るまで、多岐にわたる用途で重宝されています。

特に、食品を扱う場所や清潔さが求められる環境での利用に適しており、その耐久性と衛生的な特性から、飲食業界や医療分野での需要が高いです。しかし、塩分や酸にはやや弱点を持つため、塩害が懸念される場所や強酸を多用する環境では、さらに耐食性に優れたステンレス鋼が推奨されることもあります。

日常的なケアとしては、定期的な清掃と適切な保管が必要ですが、そうすることで長年にわたりその美しさと機能性を維持することができます。18-8ステンレス鋼は、現代生活における多目的で実用的な素材として、その地位を確立しています。



Comments


bottom of page