top of page

適度な運動

適度な運動は、健康を維持し、さまざまな病気を予防するために非常に重要です。定期的な運動は、心臓病、糖尿病、肥満、骨粗鬆症、うつ病などのリスクを減少させ、ストレスの軽減や睡眠の質の向上にも役立ちます。適度な運動量は個人の年齢、健康状態、フィットネスレベルによって異なりますが、以下のガイドラインは多くの成人にとって参考になります。

世界保健機関(WHO)の運動推奨ガイドライン

  • 成人(18~64歳): 週に少なくとも150分の中等度の強度の有鄱性運動、または75分の高強度の有鄱性運動、またはその両方の組み合わせ。

  • 高齢者(65歳以上): 成人の推奨に加え、バランスと筋力を高めるための活動を週に3日行う。

適度な運動の例

  • 中等度の強度運動: 早歩き、軽いジョギング、ダンス、水泳、自転車乗り(平地)など。

  • 高強度運動: ランニング、エアロビクス、競技スポーツ(バスケットボール、サッカーなど)、急な坂や階段の上り下り。

運動のポイント

  • 段階的に強度を上げる: 急に運動量を増やすと怪我のリスクが高まるため、徐々に強度や量を増やしていくことが大切です。

  • 楽しむ: 運動を楽しむことが継続のカギ。友人と一緒に活動したり、好きな音楽を聴きながら行うなど、楽しみながら運動しましょう。

  • バランスの取れた食事: 適度な運動と併せて、バランスの取れた食事を心がけることが、健康維持には不可欠です。

定期的な運動を生活に取り入れることで、身体的な健康だけでなく、精神的な健康も大きく向上させることができます。自分に合った運動を見つけ、健康的なライフスタイルを築きましょう。



コメント


bottom of page