top of page

貸借対照表




貸借対照表(Balance Sheet)は、特定の時点での企業の財務状態を示す財務諸表の一つです。この文書は、企業の資産(Assets)、負債(Liabilities)、および株主資本(Shareholders' Equity)の三つの主要な部分から構成されており、これらが以下の基本方程式に従ってバランスを取っていることを示します: 資産=負債+株主資本資産=負債+株主資本。

資産

資産は、企業が所有する経済的価値のあるリソースです。これには、現金、預金、売掛金(顧客からの未回収の売上)、在庫、土地、建物、機械設備などが含まれます。資産は一般に、流動資産(1年以内に現金化が見込まれるもの)と非流動資産(1年以上を要するもの)に分類されます。

負債

負債は、企業が他者に対して持つ経済的な債務です。これには、買掛金(サプライヤーへの未払い金)、短期借入金、長期借入金、未払税金などが含まれます。負債も流動負債(1年以内に返済が必要なもの)と非流動負債(1年以上の返済期間を有するもの)に分類されます。

株主資本

株主資本は、企業が株主から調達した資金と、過去に企業が稼いだ利益から配当を差し引いた後に残る留保利益の合計です。これには資本金、資本剰余金、留保利益などが含まれ、企業の純資産の額を示します。

貸借対照表の役割

  • 財務状態の把握: 投資家、債権者、経営者は貸借対照表を分析することで、企業の財務状態や流動性、資産運用の効率性を評価できます。

  • 意思決定の支援: 貸借対照表は、資金調達、投資、経営戦略の策定など、企業経営における重要な意思決定を支援します。

貸借対照表は、企業の「写真」のようなものであり、特定の時点での財務状態を静的に捉えたものです。それに対し、損益計算書やキャッシュフロー計算書は、特定期間の経済活動の「映画」のようなもので、動的な情報を提供します。これら三つの財務諸表は相互に関連しており、企業の財務健全性を総合的に理解するためには、一緒に分析される必要があります。

宮春

You


Comentários


bottom of page