top of page

確定申告を詳しく教えて

確定申告は、1年間(1月1日から12月31日まで)に得た所得に対して、その年の税額を計算し、国に報告・納税する手続きのことを指します。日本では、毎年2月16日から3月15日までが確定申告の期間になっています。サラリーマン、フリーランス、事業主など、所得があった人は原則として確定申告が必要ですが、条件によっては申告不要の場合もあります。

確定申告が必要なケース

  • 給与所得者で源泉徴収以外の所得が20万円以上ある場合

  • フリーランスや自営業者などの事業所得がある場合

  • 不動産所得や株式などの譲渡所得がある場合

  • 年末調整が行われなかった、または複数の勤務先がある給与所得者

確定申告の手続き

確定申告には、主に以下の書類が必要になります。

  • 確定申告書: 所得の種類に応じて適切な申告書を選びます。

  • 収入金額を証明する書類: 給与所得の源泉徴収票や、事業所得の場合は帳簿や領収書など

  • 控除額を証明する書類: 保険料控除、医療費控除など、控除を受けるための証明書類

確定申告は、国税庁のe-Tax(電子申告)システムを利用するか、最寄りの税務署に直接提出する方法があります。e-Taxを使用すれば、自宅から簡単に申告手続きを行うことができます。

注意点

  • 期限内に申告・納税を行わないと、延滞税が発生する可能性があります。

  • 医療費控除やふるさと納税の寄付金控除など、申告をすることで税金が戻ってくるケースもあります。

確定申告は、自身の所得と税金を正しく申告し、適切に納税するための重要なプロセスです。自分に適用される控除をしっかりと理解し、適切な申告を行うことが大切です。

宮春

You



Comentários


bottom of page