top of page

損益計算書

損益計算書(Profit and Loss Statement、またはIncome Statement)は、企業の特定の期間(通常は1年間または四半期)における収益と費用、そしてその結果としての利益または損失を示す財務諸表です。この文書は、企業の経営成績を評価する上で不可欠なものであり、投資家、クレジットアナリスト、経営者などによって広く利用されています。

損益計算書の主な項目

  1. 売上収益(売上高): 企業の主要な活動から生じる収入の総額です。

  2. 売上原価(Cost of Goods Sold、COGS): 売上を得るために直接かかった費用です。売上原価を売上収益から差し引いたものが「粗利益」です。

  3. 販売費及び一般管理費(Selling, General and Administrative Expenses、SG&A): 企業の運営に関連する間接費です。

  4. 営業利益(Operating Income): 粗利益から販売費及び一般管理費を差し引いたものです。

  5. その他の収益と費用: 金融収入、金融費用、特別損失など、通常の営業活動以外から生じる収益と費用です。

  6. 税引前利益(Pretax Income): 営業利益とその他の収益と費用を合計したものです。

  7. 所得税費用: 法人税など、税引前利益に対して計算される税金です。

  8. 当期純利益(Net Income): 税引前利益から所得税費用を差し引いた後の利益です。

損益計算書の重要性

  • 業績の把握: 企業の収益性を評価し、経営成績を把握するための重要なツールです。

  • 意思決定の支援: 投資、資金調達、予算編成、戦略計画など、経営上の意思決定を支援します。

  • 比較分析: 過去のデータや他の企業との比較により、業績の傾向や競争力を分析できます。

損益計算書は、企業の財務状態の他の側面を示す貸借対照表やキャッシュフロー計算書とともに、企業の経済的健全性を評価するために必要な三つの主要な財務諸表の一つです。

宮春

You



Comentarios


bottom of page