top of page

ホワイトデー




ホワイトデーは、日本で3月14日に祝われる習慣で、バレンタインデーに女性からチョコレートなどの贈り物を受け取った男性が、お返しとして女性に贈り物をする日です。1970年代に日本の菓子業界によって提唱され、以来、日本やその他一部のアジア諸国で広く受け入れられています。

ホワイトデーの由来

ホワイトデーの起源は、1970年代に日本の福岡県で始まったとされています。最初は「マシュマロデー」と呼ばれ、男性がバレンタインデーのお返しにマシュマロを贈る習慣からスタートしました。その後、マシュマロだけでなく、クッキーやキャンディ、ホワイトチョコレートなど、さまざまな白いお菓子が贈られるようになりました。これが「ホワイトデー」と呼ばれるようになった理由です。

ホワイトデーに贈るもの

ホワイトデーには、主にお菓子が贈られますが、ジュエリーやアクセサリー、花やぬいぐるみなど、より個人的で価値のあるアイテムを選ぶ人もいます。贈る品物やその価値は、バレンタインデーに受け取った贈り物との関係性や、贈る相手への感謝の気持ちを表すため、様々です。

ホワイトデーの現代的な解釈

時代と共に、ホワイトデーは恋人たちだけでなく、友人や同僚、家族間で感謝を伝え合う日としても捉えられるようになっています。バレンタインデーにチョコレートをもらったからといって、必ずしも恋愛感情があるわけではなく、同様にホワイトデーのお返しも、様々な形の感謝の表現となっています。

ホワイトデーは、日本独自の文化的な行事として、人々に愛と感謝を伝える機会を提供しています。

Comments


bottom of page