top of page

フェライト系ステンレスを詳しく教えて

フェライト系ステンレス鋼は、クロムを主要な合金元素として含むステンレス鋼の一種で、その組成によって磁性を持ちます。クロムの含有率は通常12%から30%の範囲で、ニッケルをほとんど含まず、オーステナイト形成元素が少ないため、室温でフェライト相(体心立方構造)を保持します。この特性により、フェライト系ステンレス鋼は耐熱性と耐酸化性に優れ、比較的安価であるため、幅広い用途に利用されています。

主な特徴

  • 磁性: フェライト系ステンレス鋼は磁性を持ちます。

  • 耐酸化性と耐熱性: 高いクロム含有率により、優れた耐酸化性と耐熱性を持ちます。

  • 加工性: オーステナイト系に比べると硬度が低く、加工しやすいですが、冷間加工時には硬化しやすい特性があります。

  • 耐食性: クロム含有率が高いため良好な耐食性を持ちますが、オーステナイト系ステンレス鋼に比べると若干劣ります。

用途

フェライト系ステンレス鋼は、その特性を活かして様々な分野で使用されています。

  • キッチン用品: 調理器具やシンクなど、耐食性が求められる用途。

  • 建築材料: 建物の外装材や内装材、手すりなど。

  • 自動車部品: 排気系統の部品など、耐熱性が求められる用途。

  • 電気機器: 電磁調理器の底板など、磁性を必要とする部品。

注意点

フェライト系ステンレス鋼は、冷間加工による硬化(加工硬化)が起こりやすいため、加工時には注意が必要です。また、一部の腐食環境下では、耐食性が低下することがあるため、用途に応じた適切なステンレス鋼の選択が重要です。

フェライト系ステンレス鋼は、コストパフォーマンスに優れ、特定の条件下で非常に有用な材料です。その多様な特性により、工業製品から日用品まで、私たちの生活の様々な場面で活躍しています。

宮春

You



Comments


bottom of page