top of page

バランスシート

バランスシート(貸借対照表)は、企業の特定の時点での財務状態を表す財務諸表の一つです。企業の資産(Assets)、負債(Liabilities)、株主資本(Shareholders' Equity)の三つの主要な部分から成り立っており、これらは次の基本的な会計方程式で表されます:資産=負債+株主資本資産=負債+株主資本。

資産(Assets)

企業が所有する価値のあるもの全てを示します。これには現金、銀行預金、在庫、不動産、機械設備、有価証券など、短期間(1年以内)に現金化できるもの(流動資産)と長期間にわたって企業の活動に貢献するもの(固定資産や非流動資産)が含まれます。

負債(Liabilities)

企業が他者に対して負っている債務です。短期借入金や支払手形など、1年以内に支払わなければならないもの(流動負債)と、1年以上の長期にわたって支払うもの(長期負債)に分類されます。

株主資本(Shareholders' Equity)

株主からの出資や過去の利益積立など、株主が企業に対して持つ権利の総額を表します。これには、発行済み株式の額面価格(資本金)、過去に企業が稼いだ利益から配当などで株主に分配されずに企業内に留保された利益(留保利益)などが含まれます。

バランスシートは、企業の財務状態を一目で把握できるようにする重要なツールです。投資家や債権者はバランスシートを分析することで、企業の健全性や資金調達の能力、資産の効率的な使用状況などを評価します。企業の経営者にとっても、資産管理や財務戦略を立てる上で欠かせない情報源となっています。



Commenti


bottom of page