top of page

なぜ2月14日なの

バレンタインデーが2月14日に祝われる理由は、その起源と歴史に根ざしています。この日の起源には複数の説がありますが、最も広く受け入れられているのは、3世紀のローマに関連する話です。

聖バレンティヌスの伝説

バレンタインデーは、キリスト教の聖人である聖バレンティヌス(または複数の聖人)を記念する日として始まりました。2月14日に関連する最も有名な伝説は、ローマ帝国の時代にさかのぼります。当時の皇帝クラウディウス2世は、独身の男性の方が優れた兵士になると信じていたため、若い男性の結婚を禁じました。しかし、聖バレンティヌスはこの命令に反対し、恋人たちを秘密裏に結婚させ続けました。この行為が発覚した後、バレンティヌスは殉教者として処刑され、その死の日が2月14日とされています。

古代ローマの祭り

バレンタインデーが2月14日に祝われるもう一つの理由は、古代ローマの祭り「ルペルカリア」に関連しているという説があります。ルペルカリアは2月中旬に行われ、春の到来と浄化を祝う祭りでした。この祭りと聖バレンティヌスの記念日が結びついて、後のバレンタインデーの伝統に影響を与えた可能性があります。

中世の恋愛と結びつき

バレンタインデーが恋人たちの祭日として確立されたのは、中世のヨーロッパにおいてです。特に、14世紀のイギリスとフランスでは、2月14日が鳥の交配期の始まりと考えられていました。この日に恋人たちがペアになるという習慣が生まれ、恋愛に関連する詩やメッセージを交換する習慣が広まりました。

これらの伝説や歴史的背景が組み合わさって、バレンタインデーは2月14日に愛と恋人たちを祝う日として確立されました。時代を経るにつれて、この日は世界中で愛を表現する様々な方法で祝われるようになりました。



Комментарии


bottom of page